カサブランカグループで働いている女の子たちが、どういう経緯でデビューをして、現在はどんな気持ちで頑張っているのか、そして素顔はどんな女の子なのか…。それを徹底的にリポートしちゃうのが、カサマニアのインタビューコーナー。今回登場してくれたのは、40代半ばから性欲が強くなり、日々のオナニーで性欲を解消していた『中谷麻衣子(なかたにまいこ)』さんという産まれも育ちも鹿児島という五十路シングル。おっとりした語り口調と穏やかで気立てのよい彼女は、まさに“薩摩おごじょ”のイメージそのもの。そんな麻衣子さんに、岡山の男性のことや現在の状況などについて色々とお話を伺ってまいりました~!
五十路マダム広島店中谷麻衣子(なかたにまいこ)ちゃんの新人インタビュー画像
▲ 性格も容姿も優しそうなオーラを漂わせる麻衣子さん。会話の端々に出る鹿児島弁のイントネーションが新鮮で、とてもチャーミングな女性なんです。
デビューされて3か月たちますが、岡山には慣れました?

今回が、三回目の岡山なんですけど、基本的に寮に居ることが多いので、岡山の街とか名物などは全然わからないんです(笑)。


確かにそうでしょうね(笑)。でもまた、なぜ岡山で働こうと思ったんですか?

やっぱり、地元で働く勇気がなくて、熊本や博多にしようかなって考えたんです。だけど私、修学旅行と慰安旅行以外で九州を出たことがなくて…。だったら今まで行ったことがない場所にしようと思って。

なるほど。ということは、これまで九州の男性しか知らないわけですよね? 岡山の男性と触れ合ってみて、何か違いを感じることはありました?

そりゃありますよ! 鹿児島の男性って、薩摩隼人といって、頑固で亭主関白な男性が多いんです。でも、鹿児島で生まれ育った私には、男性はそんなものだって思ってたんですけど、岡山の男性と接してみて“なんて優しくて紳士的なんだろう!”って、こちらが恐縮するくらい優しくて驚きましたから(笑)。

そんなに違うもんですか?

本当に違いますね(笑)。それと外見も全然違いますよ。鹿児島の男性は濃い顔の人が多いけど、岡山の男性は顔立ちまで優しそうなんです。

西郷隆盛と桃太郎くらいの差…、いや、漫才師の“千鳥”の大悟とノブくらい違います?

桃太郎さんって…(笑)。でも、たしかに千鳥のお二人くらい、顔の濃さに差がありますね(笑)。

五十路マダム広島店中谷麻衣子(なかたにまいこ)ちゃんの新人インタビュー画像
プレイ的な面でも差があります?

人柄にもよると思いますけど、鹿児島の男性はオラオラ系の人が多いかも。逆に、岡山の男性は会話もプレイも優しいですね。 

すっかり岡山の男性を気に入ってません?

もっと若い頃に岡山に来ていたら、間違いなくこちらの男性と結婚していて、今も離婚せずに幸せに暮らしていると思います(笑)。

ちなみに、どんなタイプの男性が好きなんですか?

基本的には好きになった人がタイプなんですけど、優しくて面白い人がいいですね。それと、ガリガリの人より“熊のプーさん”みたいな大らかでちょっとメタボな感じの人かな。でも結局はフィーリングが合うかどうかですね。

それは肌の相性という意味でも?

それはどうなんでしょう。想像にお任せします(笑)。

ところで、プロフィールによれば5年くらい前から性欲が強くなったそうですが。

そうなんです。若い頃は、ムラムラすることなんてなかったのに、ある日突然カラダが疼くような感覚を覚えたんです。

“四十しごろ”って言いますからね。

ですよね。でも、お付き合いしている人もいなかったので、自分で慰めるしかなかったんです。

ということは、今はお客様とのプレイで解消していると?

それはありますね。というか、岡山に来て初めて、男性から優しく攻められる気持ち良さを知ってしまって、前以上に性欲が強くなったかもしれないんです…。

え? さらに性欲が強く?

こちらに居る間は満足できてるんですけど、鹿児島に戻っている間は自分で慰めても満足できないことが多いんです。

ということは、岡山に来た初日は…。

一番悶々としている状態なので、性欲のピークだと思います(笑)。

五十路マダム広島店中谷麻衣子(なかたにまいこ)ちゃんの新人インタビュー画像
中谷麻衣子(なかたにまいこ) 53歳
T155cm/B94(E)/W76/H93

それは凄い情報です! 性欲と同様にカラダの感度も増したりしました?

たぶん女性ホルモンが増えたんだと思います。自分でも「乳首ってこんなに感じたっけ?」とか「私、こんなに濡れる?」って驚くことが多いんです。

岡山男児に開発されたんですかね?

そうかもしれません。潮を吹くわけじゃないのに、アソコの中から溢れる感じで濡れてしまうので、シーツに大きなシミができるし、お客様の手も私の愛液でヌレヌレになってしまうんです(照)。

それって、オモチャを使うとか、何か特別な攻め方が必要なんですか?

いえ、指とか舌でクリちゃんを攻めて頂くだけで、すごく濡れてきちゃうんです(照)

お客様も驚かれません?

はい、「何でこんなに濡れるの?」ってビックリされます(笑)。でも、自分でコントロールできるわけじゃないので、どうしようもなくて。それに、すぐイッちゃうし…。

攻め好きにはタマリマセンね!

でも、気持ち良くしていただいたら、今度は私がいっぱいしてあげたくなるんです。

具体的には?

乳首やアナルとか、お客様が感じる所をいっぱい舐めて差し上げます。それにフェラは大好きなので、何時間でも舐め続けられます(照)

さすが、薩摩おごじょ! 男を勃てるんですね!

はい! って、そっちの“たつ”ではないですけどね(笑)。

中谷麻衣子さんのインタビューを終えて
産まれも育ちも鹿児島という、まさに“薩摩おごじょ”らしく、気立てが良くて優しい中谷さん。見た目の穏やかな表情からは想像できませんが、性欲の強さは日々進化しいている模様。さらに岡山に来てから感度も増したそうで、本文中にもある“彼女の濡れっぷり”は是非ともお目にかかりたいものです。さらに自らアナルまで舐めてくれるという奉仕の精神の持ち主だけに、攻め好きな男性から受け身の男性までプレイをお楽しみただけるはずです!!!

新人インタビュー一覧
この記事に登場した女の子

五十路マダム岡山店

中谷麻衣子(なかたにまいこ)
53歳 T155cm.B94(E).W76.H93
性欲に目覚めた激ヌレ熟女
五十路マダム岡山店からデビューする新人「中谷麻衣子(なかたにまいこ)」さんは、四十代半ばを過ぎたころから性欲が強くなったという小柄でグラマーな欲求不満熟女。高校を卒業してからデパガとして働いていたらしいのですが、「田舎の百貨店勤務だったので、働き始めてからしばらくするとネオン街が懐かしくなって(笑)」と、仕事を辞めて地元にUターン。フリーターをしながら青春を謳歌していた時、「友達の結婚式で知り合ったんです」というご主人と交際を恥じめ、25歳との気に結婚。子宝にも恵…
詳細プロフィールを見る
カサマニアトップ